ITの会社にて画像処理をしたことがあります

ITの会社に勤めていた時に画像処理の仕事をしたことがあります。専用のソフトを使用して、スキャナーで写真を取り込んで、違うソフトでトレースしたりするようなこともありました。

そして実際に組み版をしている人にそれを送るというような業務内容でした。写真はスキャナーで取り込むことによって、とても鮮明になりました。そしてそれらの画像以外でも、専用のソフトで描画するというようなこともありました。そしてポスターや広告にするというような内容です。それらのソフトはどんどん進化していき、次々にバージョンが代わり、その早さについていけないと思うこともありました。

でも、実際にそれぞれのソフトには一応互換性があったので、例えばクライアントからもらった画像を違うバージョンのソフトで見る事も出来ました。
そして、実際にインターネットに載せる画像処理をやったこともあります。それに関しては、解像度によって全く違うように色が見えてしまうようなこともあります。それを気にしてしまった時期もありました。出来るだけ綺麗な状態で画像を載せたい、でもそうすると重たくなってしまって、見る方が大変になってしまうので、その辺りの加減が難しかったことをよく覚えています。

インターネット上で画像処理ソフトが手に入る時代ではありあすが、やはり専門的なものは購入したソフトの方が出来る内容も多いです。そういうソフトを会得することによって、他の会社でも使用出来る能力がつくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です